読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本がホントに面白い。

本を読んでる時間がないけど、大事なポイントはサクッと押さえておきたい人向けに発信していきます

異端のススメ:林修さん、小池百合子さん対話作

小池都知事と林修先生の対談の本。 入社した会社を半年ですっと辞めたり、 エジプトに行っても翻訳家にはなれないわ、 と自分の夢をすっと諦めたり、 2人に言えることは、 引き際が潔いことですわ。 さっと引くし、 自分が勝ちやすい場所では勝ちに行く。 …

NAKUNA:葵井ブルーさん著作

愛されたいですか? 私は愛されたい派です。 愛されたり必要とされたりしながら育ってきたんだから 愛されたり必要とされたりしたいって思ったっていいでしょうが。 なんも恥ずかしくないでしょうが。 嬉しいですよね。人生で何度か、大事な人に出会い、理由…

肩書き捨てたら地獄だった:宇佐美典也さん著作

上に上に登るほど、底辺に堕ちたときの落差は大きく、 上に上に登るほど、いろんなプライドが増えるんだろうから、 きっとこの本を書いた、元東大・元官僚の宇佐美さんの「落差」はよっぽど大きかったんだと思う。 GWが終わると、転職したい人が増えるのは …

ゲッターズ飯田の運命を変える言葉〜ゲッターズ飯田さん著作〜

ゲッターズ飯田の運命を変える言葉。 読みました。 酔っ払いながら本屋さんに行って、 気づいたら買っていました。笑 占いとか、スピリチュアルとか 読んでるのを人に伝えるのってちょっと 恥ずかしいですよね。笑 いろいろな占いがあっていいと思うし、 信…

熱狂宣言:小松成美さん著作

ギブアンドテイクの人付き合いが増えると、時々ふと気心知れた人との時間がすごく貴重に感じることがある。 10回の会食よりも、1回の気心知れた友人との飲み会が楽しくなる。 世の中の、それも上場企業の経営層になると、右手で握手して左手でパンチをす…

たった一人の熱狂:見城徹さん著作

たくさんの本を読んでいても、なんども読みたい本と、1度読んだらいい本の2つに分かれてしまう。 時々、「あの本が読みたくなった」と思い読み返すと、前回とはまるで違うところに刺さる一言があり、その一言の重みを噛み締める瞬間がある。 なんどもこの…

〜めっちゃ気が楽になる!〜「壁」著作:石井裕之さん

あー、こんなことしして意味あるのかなって思ったりして 壁にぶつかることあると思うんですが これ、壁の図解っす。 壁のいいこと、 1)前進できてる自分えらい! 2)進んだからぶつかってる壁、前進できてえらい! 3)乗り越えたらなんかありそうと薄々…

〜ぶっちゃけ有名人ってどうなんだろう〜「有名人になる」ということ:勝間和代さん著作

皆が知ってる人になるって良いなぁと思う人も思わない人もいると思いますが、 人から嫌われるよりは好かれたいです。 私は好かれたいです。笑 ぶっちゃけ有名人ってどうなんだろうと思った時に、 ブックオフで見つけました。「有名人になる」ということ。 な…

〜どうして起きているのか〜成功者の告白:神田昌典さん著作

「スタートアップ」という言葉が流行っていて、 いろんな人が起業していく。 働き方改革が始まり、今までの働き方が古く見えるように感じますね。 私はそんな時代の変化に焦っている方です。 変わらなきゃ、何かやらなきゃ、、、。 この本は、そんな焦りと自…

〜流行るものの方程式が見える〜ヒットの崩壊:柴那典さん著作

「今どの歌が流行ってんの??」 「世代の違う(特に年下)とカラオケ行ったら何歌ったらいいの??」 ・・・とお悩みの皆さん!!!! その気持ちすごいわかりますよ! 一応、若手が入ってきて立場的に自分が場を盛り上げなくても良くなったものの、 とはい…

コンビニのお作法

時々、コンビニの店員さんの 「お釣りを間違わないように指差しチェック」 とかしてる方って 責任感強くてすごいなと思うのですが、 そのチェックがルーティンワーク化しすぎて パフォーマンスみたいになってる。 空手でも始まるのかなと思ったら 華麗にレシ…