読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな言葉は「わかりやすい」です。

10年ぐらい「働くこと」について考えてるけど全然答えは出ない。

モチベーションで仕事するな、プロ意識で仕事する。

リンク元がもってこれず、ごめんなさい。

 

最近、「モチベーションで仕事するな、プロ意識で仕事しなよ」みたいな内容が流行ってるようです。

 

そもそも「モチベーション」ってなんですかね。

 

モチベーションとは、

人が何かをする際の動機づけや目的意識。

 というもの。人が何かをするときに、モチベーションが高ければ、行動が早かったり、モチベーションが低ければ行動し始めるのが遅くなったりするものです。

プロであれば、仕事にモチベーションは関係なく、成果を高めるために努力しなければならないーーー。ということはとても理解できますが、

そもそも、「モチベーション」って何なのかを理解しないと

どんどん自分の気分が落ち込んで終わりになります。

もともと責任感が強いからモチベーションが上がらないことに悩んでいるのに。

さらに追い討ちをかけて、心をすり減らしてしまう、まずい状況になりがちです。

 

モチベーションはまず2つに分けられる。

ざっくりいうと、モチベーションは「外から得られるもの」と、「自分の内側からあるもの」の2つに分けられます。

 

外から得られるもの。

例えば、オフィスがきれいだったり、残業がなかったり、という

「無くなると不満・不安に繋がるけど、それが徹底されても満足はしないもの」。

 

自分の内側からあるもの。

例えば、仕事のやりがいだったり、自分が認められたり、という

「それが増えると、やりがいを感じてさらに頑張ろうと思うもの」。

となります。

 

プロ意識で仕事をしている人にとっては、モチベーションとは自分の内側からあるものを、自分で高めておいでよ。みたいなアドバイスをされることが多いので、それは確かにその通りなんだろうなと思います。

 

 

ただ、私思うんですけど、

プロ意識よりもモチベーションよりも私が左右されるのは、「生理前のイライラ」に左右される派なんですよ。

いつも周りの皆にごめんって思います。

<ごめん、今日の仕事気分が乗らなくて。生理前っぽい。>

 

言う相手はもちろん選ぶけど、

この一行でスッキリ理解できたりする。

 

ではまた今度。

※引用元:ハーズバーグ2要因理論