読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本がホントに面白い。

本を読んでる時間がないけど、大事なポイントはサクッと押さえておきたい人向けに発信していきます

〜ぶっちゃけ有名人ってどうなんだろう〜「有名人になる」ということ:勝間和代さん著作

皆が知ってる人になるって良いなぁと思う人も思わない人もいると思いますが、

 

人から嫌われるよりは好かれたいです。

私は好かれたいです。笑

 

ぶっちゃけ有名人ってどうなんだろうと思った時に、

ブックオフで見つけました。「有名人になる」ということ。

 

なんか裏側を知れそうな気がしました。

あの人たちは本当に24時間で生きているのか・・・

どんな凄技をしたら忙しそうな日々を生きていけるのか・・・

、、と思って読んだのですが、

最初で打ち崩されました。

 

勝間さんって、自分の会社運営に必要なお金を稼ぐために

「よし、有名人になろう」と戦略的になった人なんですね。笑

知らんかったです。

 

第一章から「有名人になるということのメリットデメリット」が書いてあります。

「ぶっちゃけ有名人になって得られる金銭的なメリットは、思ったほど大きくないよ。プライバシーの侵害にちょうど見合うか見合わないかくらいよ。」とか、

まぁでも「有名人になって人脈の広がりによるチャンスは大きいよね。

そのチャンスを生かせないと有名人になったメリットないけどね」

 

 

といった、まぁ〜そうですよね!!みたいなことが書いてあります。

 

SNSで有名になっていくことと、勝間さんが有名になっていく過程は

ちょっと違うのかもしれませんが、

一言で言うと、

徹底して有名人になった人なんだと、改めて知りました。

 

有名になりたい、と表向きにも思っている人は少ないかもしれないけど

人に好かれるにはそれなりに必要な努力があって、

ありのままで好かれるというのは非常に難しいんだと思います。

非常に難しいから、ありのままで好きになってくれる人と出会ったなら(友人や恋人などでも)心から大事にしたほうがいいと思うけど、

 

親しき中にも礼儀あり、は必要だし

有名人に愛してなりたいなら親しくなくても礼儀が必要なんだよ、と

当たり前のことに気づきました。

 

ちなみに、有名人になるには5つのステップがあります。

 

f:id:kcassy:20170502132833j:plain

*1

自分のことを無邪気に自己分析するんじゃなくて、

有名になるためにどのように把握していくか。

 

自分のことを商品として、客観的に見て、磨いていくべしってことですね。

 

ありのままでも私たちは素晴らしいんです。だって生きてるから。

・・・というところだけを切り取って、

ありのままでも素晴らしい。だけで終わるのではなく、

ありのままでも素晴らしい、という正しく自分を認めた上で

その自分をどのようにより良くしていくか。

 

ということが大事になります。

 

有名人になるということ。

なりたいかなりたくないかは別として、有名になる人はこのように自分という商品を磨いているんだな、ということがすっきり腹落ちする本。

 

「あーーー、自分最近頑張ってないな」という時に読むと

いい感じに自分をつんつんつついてくれそうな本です。

 

 

「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)
 

 

*1:「有名人になる」とういこと より抜粋